クリニック紹介

『在宅療養支援診療所 りんりんクリニック』は “自宅で安心、快適に暮らすお手伝いのできるクリニック” を目標に
平成22年10月に安芸郡熊野町に開業しました。

来院型の医院とは違い、定期訪問診療(患者さんのご自宅へ医師、看護師が訪問する)という形で、
在宅の療養をサポートしながら、必要時には、24時間365日 すぐにかけつけることができる体制を整えている医療機関です。

人は皆、病気になり、死を迎えます。
病気にかかり、障害をもち、それでも最期まで生きていきます。
その最期まで生きていく過程をいかにその人らしく過ごすかを手伝う医療が在宅医療であると信じています。

↑クリニックで栽培している林檎の花

院長 林 經堯(りん けいぎょう)

出身
  • 1959年 中華民国 台湾 高雄市 生まれ
学歴
  • 1984年 中国醫藥學院藥學系卒業
  • 1988年 東呉大学日本語文學系編入学
  • 1990年 長崎大学経済学部入学、1991年中退
  • 1991年 広島大学医学部入学
  • 1997年 広島大学医学部医学科卒業
職歴
  • 1999年 広島大学医学部付属病院救急部・集中治療部 入局
  • 2000年 広島赤十字・原爆病院麻酔科・集中治療室 研修医
  • 2001年 広島大学医学部付属病院救急部・集中治療部
  • 2002年 広島赤十字・原爆病院麻酔科部 レジデント
  • 2004年 広島赤十字・原爆病院麻酔科部・集中治療室 医師
  • 2007年 医療法人社団CMC
         コールメディカルクリニック広島 常勤医
  • 2008年〜2010年 広島県赤十字血液センター 医務課 非常勤
  • 2010年10月  在宅療養支援診療所りんりんクリニック 開設
資格
  • 日本医師会認定産業医
  • 広島県オレンジドクター 物忘れ・認知症相談医
  • 広島県がんよろず相談医
  • 難病指定医
所属学会
  • 日本救急医学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
活動
  • 1999年 AMDAに加入し、台湾中部大震災の救援活動に参加
  • 2005年〜2007年 広島赤十字・原爆病院 NST(栄養サポートチーム)発足
  • サイエンス漢方処方研究会 会員
  • 全国在宅療養支援診療所連絡会 会員

クリニックでは、りんごや梅・さくらんぼ・金柑・アーモンド・オリーブなどの果実を栽培しています。
植物の成長は、人間の生命のサイクルと同じです。
花が咲き、実がなり、その種子は新しい子孫を残します。

花だけを観賞する植物は、花が終わった時の寂しさを感じてしまいます。
しかし、実のなる植物は、花が咲き、その後に実をつけ、成長し、収穫してみんなで分け合えるたくさんの楽しみがあります。

クリニックで育てている果実の成長が、患者さんにとって、生活の中の小さなアクセントになってほしいと思います。

アクセス