ご利用について

「在宅医療」とは、病気や障害を持ち、病院に通うことが困難な方、自宅で緩和ケアを受けたい方を対象に
医療計画に基づき定期的に訪問して、診療・治療などを行う医療形態です。

在宅医療の対象になる方 通院が困難、困難になりつつある方 自宅で緩和ケアを受けたい方
在宅医療のメリット

入院治療とは違い、住みなれた自宅で、家族と一緒に生活しながら療養できるのが「在宅医療」の一番のメリットです。
治療中心の医療提供ではなく、患者さんの生き方や気持ち、生活環境を考えて、患者さんとご家族がご自宅で安心して暮らせる環境作りをご提案し、サポートいたします。

定期的な診療と急変時に備えた24時間365日の対応で見守ります

「在宅医療」は、“訪問診療”と“往診”の両方を組み合わせた医療の一つの新しい形です。
ご家族の一番の心配事である急変時には「いつでもすぐにかけつける」ように24時間365日の体制で患者さんとご家族を見守ります。

※在宅医療を導入し、定期的な訪問診療を受けておられる方に限り、24時間365日 緊急対応いたします。

対応可能な疾患や病状と処置内容

神経難病などの重度疾患の方や人工呼吸管理などの処置、生活習慣病などの自宅療養など、広範囲に渡って対応いたします。
自宅で最期を迎えたい方にもご意向に添うように全力でサポートさせていただきます。

対応可能な疾患と病状
  • 寝たきり状態
  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症
  • 神経難病
  • 認知症
  • 悪性腫瘍末期
  • その他
対応可能な処置内容
  • 各種呼吸管理    在宅酸素療法、気管切開カニューレ、在宅人工呼吸、経鼻的陽圧呼吸(NPPV)
  • 各種栄養管理    胃瘻、経鼻胃管栄養、在宅中心静脈栄養
  • 各種排泄管理    膀胱留置カテーテル、人工肛門
  • その他       褥創、在宅自己注射、緩和ケア等の麻薬処方・鎮静

※対応可能な疾患や症状、処置内容は、以上の限りではないので、ご相談ください。

訪問医療開始までのながれ

訪問医療を導入するタイミングは、“退院後に在宅医療に移行する”、“通院の継続が困難になり導入する”、“未受診状態から在宅医療を導入する”など、さまざまなパターンがあります。
診療開始までの流れは、お一人おひとりの状況で異なります。
お悩みの方は、まずはお電話でご相談ください。

※緊急時は、その限りではありません。まずはご相談ください。

医療保険における負担限度額について

各患者さんの医療費自己負担割合に応じた金額となります。
個別のケースで異なりますので、詳しくはお問い合わせください。